レンタルの補聴器

診察

補聴器は、1920年代に真空管が使われるようになり、難聴のレベルが高度の人でも補聴器が使えるようになります。 ただ、その頃の補聴器は、とても大きく、戦後になってやっと弁当箱程度の大きさになります。 半導体チップが使われるようになると小型化が進み、補聴器の性能も大幅にアップします。 現在では、超小型のCICタイプの補聴器や、プールや入浴の際にも使える防水型の補聴器も登場し、多くの人が利用しています。 ただ、高性能の補聴器は高いので、高齢者の中には購入を躊躇する人も少なくないのです。 そのため、補聴器のレンタルサービスが急速に増えています。 レンタルサービスを利用すれば、高価な製品でも月数千円で借りることができるので好評です。 レンタルであれば、初めて補聴器を使う人も安心ですし、メンテナンスもレンタルサービスの中に含まれる場合が多いので、気軽に利用することができます。

人は加齢とともに視力や聴力などいろいろな機能が衰えていきます。多くは30代から聴力の低下が起こり始めますが、チャイムの音や人の声が聞き取りにくく感じたり自分の話し声が大きいと人から指摘されて聴力の低下を疑う人が多いようです。 聴力の低下を補うのに一般的には補聴器を用います。最新の補聴器はICチップを埋め込んだデジタル式で、不快な音を抑制し使う人の聞こえ具合に合わせて聞こえやすいように自動で操作されます。また耳掛け式やポケット式など形もいろいろあり、使い勝手は人によって違います。 そこで、補聴器のレンタルを提供している業者が現れました。さまざまなタイプの補聴器レンタルを短期間低価格で行っており、利用者は複数レンタルして使い勝手を試すことができ自分に合ったものを最終的に決めることができます。この補聴器レンタルは利用者にとってとてもありがたいシステムといえます。